2012年11月23日

鳥羽の旅−その1

まとめるのをサボってはや1ヶ月。
忘れないうちに鳥羽へ行ってきた写真をまとめてみる。
mm204.jpg
名古屋から特急で近鉄の最南端、賢島駅に来ました。
昔に遊んでいたプラレールの近鉄特急の行き先が賢島だったので妙に印象に残っている駅名です(==;

駅周辺はこんな感じの港町でした。
mm206.jpg

隣には帆船も
mm205.jpg
帆船ですが、めがっさディーゼル音響かせながら出港してきました。
きっとハイブリットな船なのでしょう。

賢島駅から普通列車に乗って船津という駅に行きました。
mm207.jpg

鳥羽や賢島駅を抱えるので海のイメージがある近鉄志摩線ですが、実際は結構山んなか走ります。
mm208.jpg
手前は海ではなくて加茂川という川だったり。

mm209.jpg
船津駅前の町並み。
いつかこういう水路のある町並みもMMDとかで作ってみたいのです。

船津駅から移動して鳥羽駅の一つ隣の池の浦駅で下車
mm210.jpg
JR参宮線の方へ向かいます。

mm211.jpg
参宮線にある海中堤防区間。
以前に青春18キップのポスターにもなった区間です。
そのときはもっと高台の場所で撮影されたそうです。そこへ徒歩移動ではちょいと厳しい距離。

mm212.jpg
手前も奥も海の区間。
もうちょっとで千と千尋の世界か・・・

mm213.jpg
池の浦シーサイド駅に行ってみた。
駅とは行っても臨時駅なのでホームは柵で閉ざされていて入れず。
このホームの端からならいい絵が撮れそうな気がしますです。

mm214.jpg
池の浦の港から一枚。
他にも良い感じの場所がありましたが、いかんせん国道42号の交通量が多いのでなかなか思うように撮れず。
並行して走る伊勢二見鳥羽ラインが無料開放されたらもうちょっと色々撮れそうです。


つづく。
 
posted by ejima at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月27日

現在制作中のMMDステージその5

こんばんはejimaです。
今回は駅のホームのこまごました物を作ってみました。
mm200.jpg
画像にある黄色い菱形と数字の標識は列車の停止位置を表しています。
2が2両編成、○がそれ以上に長い場合の停車位置です。都会のホームだと10両用とか15両用とかあったりしますね。
運転士さんはこの標識の位置と列車の先頭を合わせて停車させます。

mm201.jpg
ワンマン列車の乗車位置表示
ローカル線を巡っていると結構お世話になります。

mm202.jpg
トンネル手前にある五角形のヤツは特殊発光信号機といってなにか事故があった場合に信号が光り、それを見た運転士さんは列車を停車させて安全を確保する仕組みです。
主に踏切事故防止向けと落石事故防止向けがあるのですが、これは下に落石と表示されているため落石用ですね。
山岳部のローカル線だとよく見かけるので凝ってみました。
トンネルの番号とか完全に俺得です(==;

mm203.jpg
駅の外側より。
駅の製作で見落としがちなのが駅の照明灯
コレの有る無しで印象が大分変わります。どんな田舎の駅でも必ずあり、道路の照明灯にも使い回せるので作っといて損はないです。ハイ


ぼちぼち駅舎の内部に手をつけていきます。。。。

2012年10月15日

現在制作中のMMDステージその4

こんばんはejimaです。
今回は漁港を作ってみました。

mm194.jpg
漁港全景。
今まであった堤防が気に入らなかったので全面改装しました。
この要領の悪さはどうにかしたい・・・(==;

mm196.jpg
漁港でよく見かける船を引き上げる装置を作ってみた。
レールは無駄にナローゲージに合わせています(マテ

mm195.jpg
陸に引き上げられた船。

mm199.jpg
少々昔の写真ですが、これを参考にしてみました。

ちなみにこの船、こんな感じの漁港にありました。
mm198.jpg
山口県は山陽本線の戸田-富海駅間にある漁港です。

漁港のクレーンが良いアクセントだったので作ってみました。
mm197.jpg
中央の船着き場もあわせてこんな感じに仕上げてみました。



そんなこんなで進めております。
残りは鉄道線周りを残すのみとなりました。

2012年10月12日

北勢の旅−その4(最終回)

初回>>>
前回>>>

三重県の北勢の方とかぶらぶらしてきた。その4

最後はもう一つのナローゲージ、近鉄内部線へ乗りに行きます。
mm186.jpg
四日市駅10番ホーム

この内部・八王子線ホームは一旦改札機を出る必要があるほど離れたところにあります。
JRなんかだと短距離切符は途中下車前途無効として改札から出るとき問答無用で切符が改札機に回収されちゃうことがあるので慣れていないと若干戸惑います。
駅員さんに「この切符改札機に通しても大丈夫ですか」と聞くあたりチキンな私(==;

そんなこんなであっという間に終点の内部駅に到着。
mm187.jpg
この列車の中間車が妙に古めかしい感じだったので調べてみたところ1949年製とのこと
御年63歳でありました。

mm188.jpg
内部線の終点でありかつ我が国最南端の営業線ナローゲージ・・・のそばになぜか原チャリが置いてある。
この原チャリ業務用なんでしょうかね?

内部駅からそのまま引き返すのもつまらないので線路沿いをトコトコ歩きます。
小古曽駅でみつけた小さなひまわりみたいな花
mm189.jpg
夏ももう終わりですね。

mm190.jpg
小古曽駅の踏切。まわりは古い住宅地でした。

この路線、線路が古い住宅街の裏路地みたいな所を走ってるせいかなかなか線路に真っ直ぐ沿う道が無く、遠回りしたり行き止まりだったりなんか思うように進めず・・・
mm191.jpg
道に迷いながらも撮った写真。この先の道が行き止まりで引き返す羽目に・・・orz


ただ、最後の最後で空が少し夕焼け空になりました。
mm192.jpg
ゆうやけでんしゃ

道が行き止まりだったりグルグル回り道したり「ここどこや?」とかなったりしていたら日も大分落ちてしまって結局目標の西日野駅へは行けずじまい。。。途中の泊駅から帰ることにしました。
mm193.jpg
夜の泊駅。

この駅から名古屋へ帰還。北勢の旅もこれにて終了です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

 
posted by ejima at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

北勢の旅−その3

初回>>>
前回>>>

三重県の北勢の方とかぶらぶらしてきた。その3
mm178.jpg
伊勢治田駅から電車には乗らず、丹生川駅方面へ歩き、三岐線の丹生川橋梁へ向かいます。
藤原岳をバックに・・・と思いましたが、なんか白く霞んでしまっております(−−;

mm179.jpg
この日は日頃の行いが悪いせいか、そこそこ曇っておりました。
やはり山をバックに撮ろうとすると天気に左右されやすいです。
この後、丹生川駅を目指しててくてく歩いていきます。

ちなみに、この三岐鉄道三岐線は全国でも珍しく私鉄の貨物輸送が盛んな路線で、沿線では貨車や機関車を沢山見ることができます。
その縁もあってこの丹生川駅は貨物鉄道博物館が併設されておりまして、この日は開館されていませんでしたが貨車自体は公道から撮影することができます。
mm180.jpg
貨車が色々と停まっていました。

他にもSLとかも置いてありました。
mm181.jpg
ナンバープレートの39に反応したら負けです。

丹生川駅の駅舎はこんな感じでした。
mm182.jpg

プラットホーム側とか
mm183.jpg
表も裏も、花でいっぱいの駅でした。

さて、この駅から近鉄富田駅まで出ます。
mm184.jpg
三岐線の車内はがらがらでした。。。
流石に列車が進むにつれ乗客も増えていきましたが、やはり末端部は貨物輸送が主なのだなぁと思わされました。

・・・っていうか貨物列車全然撮ってなかとです(ォィ

mm185.jpg
そんなこんなで終点の近鉄富田駅に到着。
この後、近鉄に乗り換えて四日市のナローゲージである内部線へ行きます。


つづく


posted by ejima at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。