2013年03月29日

お得なきっぷのご紹介

mm393.jpg
天竜二俣駅に保存されている昔の運賃表。こんなに安く行けたらいいなぁ・・・

今回はボクが鉄道旅行へ行くときによくお世話になっているお得な切符の紹介などをしてみます。

ちまたでは“青春18きっぷ”の知名度がかなり高いのでなかなか話題になりませんが、JR各社からも色々とお得な切符が発売されています。
ボクは名古屋民なので東海エリアのきっぷを紹介していきます。

※実際に使用する場合は公式のWebページをご確認くださいです。

まずは一番お世話になっている切符から。

●青空フリーパス公式ページはこちら

価格:2500円
利用期間:土休日および年末年始

西は米原、南は紀伊長島、東は二川、北は下呂、木曽平沢、そして飯田まで一日乗り降り自由のフリー切符です。
もう、何回お世話になったか分からないくらい使ってます(=ω=;
普通・快速列車に乗り放題ですが、青春18きっぷと異なり特急券さえ追加で出せば特急にも乗車可能です。
また通年発売なので気が向いたときにいつでも使える優れものです。

また、エリア外へは別に乗車券を買えば乗り越し可能です。

応用例として、上手いこと乗車券と組み合わせると以下のように中央西線と飯田線をぐるっと一回りできます。
mm394.jpg
赤線:青空フリーパス利用区間、青線:通常の乗車券での利用区間
もちろん、特急券さえ買えばワイドビューしなの、伊那路にも乗車可能です。

また青線の乗車券利用区間は100km超の乗車券となるため逆走さえしなければ途中の塩尻や伊那市駅などにも途中下車可能です。

これは名古屋中心のきっぷですが、他にも静岡中心のタイプもあるそうです。(上掲公式ページへのリンクをご参照ください)

●豊橋往復きっぷ公式ページはこちら(PDF注意)

価格:1500円(休日用)
利用期間:通年

名古屋から豊橋まで往復1500円で行けてしまうきっぷ。
また姉妹品で新城、本長篠までいけるタイプもあります。

なお乗り越した場合は注意が必要です。
車内での乗り越し精算、目的地駅での乗り越し精算が不可で、始発駅できっぷ購入時に先に乗り越し精算をした場合はOKなのだそうです。
このへんは特にややこしいので駅員さんにあらかじめ確認しておいてください。

●ぷらっとこだま公式ページはこちら

価格:区間による
利用期間:通年

こちらは新幹線用のお得なきっぷ。
東京−新大阪を走るこだま号に格安で乗れるきっぷです。
JR東海から発売されているきっぷではなく、JR東海ツアーズから発売されているきっぷなので購入場所にも注意してください。(公式ページに詳細が掲載されています)

格安で移動したいけれど、ALL鈍行列車強行軍はちょっと・・・という人にお勧めです。
このきっぷは色々と特典や制約があるので詳しくは公式ページをご参照ください。


●おわりに
mm395.jpg
さっきから字ばっかりで堅苦しいので飯田線の車窓写真でも貼ってみる。

以上で一部ですが、お得なきっぷの紹介を終わります。
他にも私鉄や第三セクター線などでもこういった企画切符はありますので、是非とも旅行前には各鉄道会社の公式ページをチェックしてみてください。

また、春休みということで学生の鉄道ファンの皆さんは行動範囲がぐぐっと広くなるかと思います。
今回はそういう人たちのお役に立てればと思いこの記事を書きました。

特に学生の鉄道ファンの皆さんへ伝えたいことなのですが、いろんな所へ行ってみてください。

まぁよく「往年の名車が無くなる!」とか言ってネットや雑誌などで盛り上がっているワケですが、アレは鉄道専門誌を出している出版社の売り上げアップ、鉄道模型会社の売り上げアップ、果ては鉄道グッズの売り上げアップの為に演出されている価値なのでして、つまるところ鉄道会社の備品が新しいのに更新されるだけのことなのですよ。

そんなしょうもない演出にホイホイ釣られてネタ列車撮ってハイおしまいでは勿体ないのです。

いろんな所へ行ってください。そして電車を降りて、駅から出てください。電車以外にもカメラを向けてください。
心に残る風景に必ず出会えますから。
古いだとか珍しいとか、そういう他人が作った価値観じゃなくて本当に自分が良いなと思える、自分の価値観に出会えますから。

ネタ列車なんか無くたって、いいなと思えるモノはいっぱいありますよ。
 
posted by ejima at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。