2013年01月09日

伊那の旅−その7

第一回目へ>>>

前回の続き。

mm300.jpg
相月駅着
この駅は佐久間ダム建設により新たに作られた歴史を持ちます。

mm301.jpg
駅全景
飯田線の相月−水窪駅間はダムにより今まで走っていた天竜川沿いの谷が丸々沈んでしまうので一つ隣の水窪川沿いの谷へ大きく迂回した線路です。
地図はこちらつhttp://goo.gl/maps/Gvhuz

それ故にこの区間は元々水窪川沿いにあった北遠本線という路線バスとの並行区間でもあります。
mm302.jpg
こんな細い道をバスが走っていきます。
こういうところのバスはなんとなく小さなバスをイメージしますが、実際走っているのは正真正銘の大型路線バスだったりします。

この北遠本線は水窪−相月−西鹿島駅(遠州鉄道・天竜浜名湖鉄道のりかえ)というルートを走っているのでこの路線バスを使って飯田線から脱出or合流できるので一度乗ってみるのも良いかもです。

mm303.jpg
この近辺は山の高いところにも集落がある独特の風景が見られます。
かつての塩の道があるとかないとか

mm304.jpg
やってきた列車で相月駅を後にします。

続いて山を一つ越えた佐久間駅周辺をぶらぶらします。

つづく。
 
posted by ejima at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。