2013年05月03日

お引っ越し

ブログの容量がいっぱいになってきたのでニコニコのブロマガに引っ越します。
http://ch.nicovideo.jp/ejima
次からの記事もコチラに書いていきます。
posted by ejima at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

天浜線の旅−最終回

初回>>>

前回>>>

天竜二俣駅から西へ
mm382.jpg
西気賀駅へ到着。

mm383.jpg
洋食屋さんが入っていることもあってなかなかオサレな雰囲気

mm384.jpg
駅近くの歩道橋から一枚
だんだん日が暮れてきました。

mm385.jpg
浜名湖畔を走る天浜線

その後、てくてく歩きながら浜名湖佐久米駅を目指します。
途中にこんなモノが
mm386.jpg
踏切と信号機が何故かありました。何なんでしょうコレ?

mm387.jpg
寸座駅のあたりで撮ってみた。
もう光量が限界か?

寸座周辺は寸座峠という名のちょっとした峠道となっておりまして、峠を越えるとちょうど夕日な浜名湖を見ることができました。
mm388.jpg

そんなこんなで浜名湖佐久米駅に到着。
mm389.jpg
とりあえず、ココに東名高速敷いた人出てきなさい(ぉぃ
高速道路がなかった時代はどんな感じだったんでしょうかね
浜名湖を一望できる名物駅になっていそうです。

mm390.jpg
この駅も西気賀駅と同じくお店が入っておりまして、時期になるとこのお店で飛来するゆりかもめ用のえさが買えるそうです。

そんなこんなで新所原行きの列車が到着。
mm391.jpg

この後、名古屋まで戻りました。

以上で天浜線の旅を終わります。
ここまでお読みいただきありがとうございました。
posted by ejima at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

天浜線の旅−その4

初回>>>
前回>>>

今回は天竜二俣駅で毎日開催されている転車台見学ツアーに参加します。
予約不要なので気軽に参加できるのがありがたい限り

mm376.jpg
会場となる天竜二俣駅

mm377.jpg
天竜二俣駅も歴史ある駅で、随所に昔ながらの風景が残っています。

mm380.jpg
かなり古い木造の扇形車庫
なんでも文化財に指定されているのだとか

mm379.jpg
扇形車庫の内部。
木造の扇形車庫って現役だと残っているのココくらいじゃなイカ?

mm378.jpg
メインの転車台
いつもより余分にぐるんぐるん回してくれます。

今回、案内してくださった解説員さんのお話がとても面白くて終始笑わせてもらいました。
なかなかのぶっちゃけトーク満載で鉄道興味なくても十分楽しめる内容でした。
日本で一番面白い転車台見学ツアーです。ハイ

電車で来れば参加費200円という破格のお値段ですので、是非ともご参加くださいです。


mm381.jpg
見学ツアーが終わる頃にちょうど東西両方向に向けて列車が出発します。
西行きの電車に乗って今回の旅行の最後の目的地である西気賀駅を目指します。


つづく>>>
 
posted by ejima at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

天浜線の旅−その3

初回>>>
前回>>>

一路、二俣町へ・・・
mm368.jpg
がたんごとん

mm369.jpg
天竜二俣駅のその次駅、二俣本町駅で一旦下車しました。

mm370.jpg
なんかのドラマの舞台になりそうな駅・・・?

この二股本町駅で降りたのは近くにある天竜川の橋梁が目当て
mm371.jpg
・・・だったのですが、カメラを構える前に電車が来てしまいました orz

mm372.jpg
こちらはすぐ隣にある国道152号線の鹿島橋
なかなか特徴的なトラス橋です。

・・・天竜川を後にし、天竜二俣駅方向へ歩きます。
駅を超えてさらに東へ向かうと・・・

mm373.jpg
このように廃トンネルが現れます。

かつて天竜二俣駅から飯田線の中部天竜駅まで線路を敷く計画があったのですが、国鉄の財政難で工事凍結となり、結局このトンネルは一度も使われることなく眠っています。
現在はこのルートを1日5往復の遠鉄バスが結んでいます。

さて、天浜線の中心駅である天竜二俣駅へ行きます。
駅の向かいにある公園ではSLが保存されていました。
mm374.jpg
お鼻がない・・・?

mm375.jpg
後ろにある炭水車のなかで地元の子供達が遊んでました。
もうすっかり公園の遊具の一部ですね。

さて、次回は天竜二俣駅で行われている転車台見学ツアーに参加してみます。

つづく>>>
posted by ejima at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

東名古屋港駅のその先

名鉄線内で最も個性的な路線と言って差し支えない名鉄築港線
工業地帯の中を走り通勤時間帯は本数はあるものの日中や休日は極端に本数が少なくなる路線です。
関東地方で例えるなら鶴見線の大川支線、関西地方で例えるなら和田岬支線のような存在です。

今回はそんな築港線沿線を撮り歩きしてみました。

mm402.jpg
大江駅にてデキさんがいたのでパチリ
かつて名鉄でもJRみたく貨物輸送を行っていた当時から活躍していた機関車で、貨物輸送の無くなった現在は専ら保守点検などの業務用として使用されている車輌です。
昭和4年生まれだそうな

また東名古屋港駅までの間に貨物線との平面交差もあります。
mm403.jpg
なんでも線路同士の平面交差はココと愛媛県の松山市にしか残っていないそうです。

とかなんとか見ながら東名古屋港駅に到着しました。
mm410.jpg
東名古屋港駅。かつては駅の上にHSSTの実験線があった

mm404.jpg
列車は東名古屋港駅で折り返しますが、線路は先へと続いています。
ちなみに目の前の広い県道ですが、昔はこの道を路面電車が走っていたそうです。
ココにも平面交差があったんでしょうね・・・

今回はこの線路の終点を目指してみます。
mm405.jpg
交差点を越えて東名古屋港駅の方を見ると赤信号が点灯していました。
駅から先の路線も廃線ではなくて、ごくたまに輸出用の電車がこの線路を利用するそうです。
それ故に信号機もしっかり点灯しております。

mm406.jpg
暫く道なりに行くと線路が少しカーブして間に駐車場が現れます。
昔はこの辺一体は操車場だったそうです。


mm407.jpg
元操車場だったエリアも終わり、線路がぐぐっと道路の方に近づいてきました

mm408.jpg
振り返ると・・・なかなか大胆な駐車をしている車が何台も
列車が走ったらニュースになるような路線なので普段はこんな感じでも構わないんでしょうね。

mm409.jpg
線路の終点。この先は進入禁止でした。

航空写真を見るとそのまま埠頭に線路が敷いてあるので、ここから車輌が船積みされていくそうです。

以上、貨物線レポートでした。
 
posted by ejima at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶらぶら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。